七夕の日って何食べる?行事食を使ったおすすめ献立例を紹介

七夕

季節のイベントならではの食べ物や料理のことを「行事食」といいます。

お正月のおせち料理や、お月見の団子、年越しのそばなどがそうですね。

行事食は、季節を感じられる旬の食材や、健康や幸福を願った縁起担ぎが由来となっているものが多いです。

では、七夕の行事食といえば何か知っていますか?

伝統的な七夕の食べ物は?

七夕の行事食は「そうめん」です。

これはとても古い風習で、中国からきています。七夕はもともと中国の行事なんですね。

中国の言い伝えに、7月7日に亡くなった君主の子供が悪霊となって熱病を流行らせたので、祟を鎮めるために好物だったそうめんを供えた、というエピソードがあるのです。

1000年も前の中国に今のような細長いそうめんがあったわけではありません。小麦粉を練って乾燥させた食品というのは同じですが、形は縄のようなものだったそうです。

七夕

この古代中国のそうめん(索餅・さくべい)が、このお話とともに奈良時代の日本に伝わったようです。

現代の日本で有名な七夕伝説「織姫と彦星」のお話も中国からきたものです。

細長いそうめんを、織姫が機(はた)を織るための糸に見立てたり、天の川になぞらえて行事食としたという説もあります。

子供に説明するときは、天の川のお話のほうがわかりやすいでしょうね。

七夕におすすめの「そうめん」献立

それでは、七夕の行事食「そうめん」を主食としたおすすめの献立をご紹介しますね。

主食

そうめんを茹で、天の川に見立てた盛り付けをします。

キュウリやゆでた人参、ハムなどを星型に抜いて飾ると、子供たちがよろこぶメニューになります。カットしたスイカを添えても豪華になりますよ。

副食1

ささみのオクラロール

副菜は、タンパク質がとれる鶏肉にしましょう。

ささみを開き、ゆでたオクラと叩いた梅肉を巻きます。ラップで形を整えたらレンジで加熱します。

レンジ加熱の時間はささみ2本で2分ていど。様子を見ながら調整し、中まで火を通してください。

冷めたら輪切りにカットしていきます。

オクラの断面が星のように見え、七夕にふさわしい楽しい一品になります。

副食2

旬の野菜の揚げ浸し

主食と副菜があっさりしているので、ここで油を使います。

ナスやピーマン、かぼちゃなどの夏野菜を素揚げにし、出汁に浸します。

赤ピーマンなども使ってカラフルに仕上げるといいですね。

まとめ

七夕の行事食、そうめんについてお送りしました。

実は7月7日は「そうめんの日」でもあるんです。全国乾麺協同組合連合会というところが定めているそうです。

暑い日が続いて夏バテが心配になる時期でもあります。食欲が無いときでもツルッと美味しいそうめんで、元気に過ごしたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました