新年を祝うお正月。お正月はいつからはじまったの?

新年をお祝いする行事、お正月。

家族親戚同士が集まっておせち料理を食べたり、凧揚げやすごろくで遊んだり子どもたちはお年玉をいくらもらえるかワクワクしたりと、日本中がおめでたい雰囲気に包まれます。

そんなお正月ですが、一体いつごろから祝われているかご存じでしょうか?

お正月の起源は?

お正月の歴史は古く、6世紀頃から日本で祝われるようになったといわれています。

お正月は始めは祖先の霊を敬い感謝してお祀りするという、今のお盆のような習慣だったそうです。

それが仏教が日本に伝来してくると祖先の霊を祭るのはお盆やお彼岸の役割となり、それ以来お正月は歳神様を迎えて1年の豊作を祈るという行事に変化していきました。

もともと貴族のお祝いだったものが段々と庶民にも広まっていき、江戸時代には庶民も門松や鏡餅を飾るようになりそれが現在まで慣習として受け継がれててきました。

お正月飾りや料理の歴史や由来は?

お正月といえば玄関先に門松やしめ縄飾りを飾り、家族でテーブルを囲んでおせち料理やお雑煮を食べるというのが習慣づいている方も多いはず。

今では当たり前のように正月飾りを飾り、お正月料理を食べていますが、それはいつごろからはじまったのでしょうか。

門松

門松を飾っていたという記録が残っているのは平安時代後期ごろ。

「小松引き」と呼ばれ当時は現在のような竹と松を飾るのではなく、松の小枝だけを玄関先に飾っていたとされています。

松は常緑樹で葉を落とさないことから長寿の象徴とされており、長寿祈願のために松が飾られるようになったのだそうそうです。

竹を飾るようになったのは室町時代に入ってから。同じく長寿の象徴であるため竹も飾られるようになったといわれています。

鏡餅

鏡餅はその名の通り昔の丸い銅鏡の形をあらわしています。

鏡は天照大神から授かった三種の神器の一つと言われており、鏡は神様の依り代であるとされていることから餅を鏡に見立て、そこに神様が宿ることで1年の良運と平安を祈願します。

鏡餅の原型ができたのは室町時代で、現代と同じような鏡餅になったのは江戸時代頃だそうです。

おせち料理

おせち料理の起源は奈良時代までさかのぼります。

暦上で節目となる節日(せちにち)に、不老長寿を願い邪気を払う「節会(せちえ)」と呼ばれる宮中行事で出された食事のことを「御節供(おせちく)」といい、それが現代のおせち料理の起源になったといわれています。

昔は今のような重箱に詰められた料理ではなく、ご飯が茶碗に高く盛られたりお膳に食材が並べられていたそうです。

現在の重箱に詰められるようになったのは江戸時代からで、戦後にはデパートで豪華なおせち料理が販売されるようになったのだとか。

まとめ

お正月はかなり古くから祝われており、長い年月をかけて現代の正月の形になったことがわかりました。

現代では行事に関する関心も薄れてきており、門松などの正月飾りを飾ったり年賀状を出す人はどんどん減っていっています。

お正月はなぜ祝われるようになったのかを学び、いまいちどお正月にじっくりふれてみるのも楽しいかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました