レクター博士シリーズ!恐怖と心理戦の見事な融合作品を観てみませんか?

夏といえばホラーってもう風物詩になっていますね。複数ある作品の中から今回私が選ぶ作品は「幽霊」が出ません!

では、早速ご紹介いたします。

羊たちの沈黙

なぜ、この作品を選んだか。それは圧倒的なキャラクターである「ハンニバル・レクター」を知って欲しかったからです。

ホラー映画屈指の名キャラクターであると思います。

演じるのはアンソニーホプキンス、彼の様々な役柄の中でもレクター博士は上位に入るのではないでしょうか。

1991年公開され、アカデミー賞を5部門受賞したほどの作品ですのでタイトルをご存知の人も多いのではないかと思います。

FBI訓練生を演じるジョディ・フォスターが、事件を解決する為、牢獄中の天才的知能を誇るレクター博士に事件への協力を申し出るところから、徐々に始まる心理戦が見所となります。

なぜ、FBIが投獄中の犯罪者に協力を求めたのか?

レクター博士には天才的な知能がありながら特殊な性質がありその欲を満たしたが為に、牢獄されているのですが元精神科医という経歴を持つ、分析力、人間の行動心理などに長けている人物だったのです。

レクター博士とクラリス

独自の信念を持ち、FBIへの協力を断り続けていたレクター博士。

しかし、クラリス(ジョディ・フォスター)が来獄した際に、他の囚人がクラリスに非紳士的な行いをした事から、謝罪の意味も込めクラリスだけには協力するというレクター博士。

直接、クラリスに指示をする訳でもなく、ヒントを出しクラリス自身が気付く道しるべのような役割を果たしていきます。

レクター博士に心を許し始めるクラリス、またレクター博士も経過と共に彼女への感情の変化が見て取れます。

交錯するお互いの正義の駆け引きは、本作品の見所だと思います。

犯罪者であるが自分の正義を貫くレクター博士と、罪を許さないクラリス、この二人が果たして最後まで協力し合えるのだろうか?

ハンニバル・レクター

この作品では、レクター博士の一言一言が何かのヒントであり、作中のフラグともなっています。

何か意味がある。そういった視点で観ていると、悪役のはずなのに悪役とは思えない不思議な存在としてレクター博士が見えてくるのです。

ホラー映画で名高い「レクター博士」ですが、立ち振る舞いが紳士的且つ知的で、ただの悪役とは思えないのです。

羊たちの沈黙から、続編として出された作品もすべてレクター博士がメインになっていますし(勿論、すべて観ました)人間が恐怖を与えるホラー映画となっているので、幽霊や、ゾンビが苦手な人、ホラー映画デビューしてみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました