「パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊」における古参ファンからの評価はいかに?

2017年に公開された「パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊」はシリーズ5作目の作品で、少年ヘンリー・ターナーがある呪いを受けた父親ウィル・ターナーを救うためにジャック・スパロウを探す物語です。

よりリアル感のある航海シーンや迫力のある戦闘シーンで高い人気を博しているこのアクション映画の評価はどのようなものなのか、出演俳優は前作と引き続き続投されるのか気になっているでしょう。

これまでのシリーズと比べて気になる評価は?

これまでの「パイレーツ・オブ・カリビアン」をご覧になった方の今作における感想や評価をいくつかご紹介いたします。

・2003年に始まったシリーズの想定ターゲットは当初子供や若者の層が中心だっただろうが、それから14年が経過し5作目。固定ファンの成長に伴い、中身も大人向けの要素が色濃くなった。


・もはや子供向けでなく、恋愛要素もしっかりしてるし、ジャックのセリフの痛快感がたまらなく面白い。大人が冒険精神とロマンス感情を掻き立てられる、ジャンルは全く違うが007シリーズと同じくらいの効果があると思う。続編に期待!


・シリーズで、欠かさず観てきましたが、今回は、面白くなく、海賊らしさがなく、画面は、暗いし観るのに大変疲れましたよ~

上記の他にも前作での酷評から挽回できたという評価や、1作目の頃と比べてファミリー向けからカップル向けに変わった、海賊らしさがなくなってきている、合成の都合で夜のシーンが多くて見づらい、などさまざまな評価がありました。

調べた範囲ですが高評価が8割、低評価が2割程度でした。

続投か?気になる出演俳優は誰?

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズを1作目からご存じの方が多いと思われますが、ここで今回の「最後の海賊」に出演されている主演俳優をご紹介していきたいと思います。

ジョニー・デップ

言わずもがなジャック・スパロウ役として続投しています。

ハビエル・バルデム

ジャックに嵌められたことで生ける亡霊となった”海の処刑人”アルマンド・サラザール役として出演します。

ちなみにこの方は前作「生命の泉」で出演したペネロペ・クルス氏の実夫だそうです。

ブレントン・スウェイツ

ジャックを探し父ウィル(オーランド・ブルーム、こちらも引き続き続投)の呪いを解くために冒険する少年ヘンリー・ターナー役です。

カヤ・スコデラリオ

魔女の疑惑をかけられた天文学者カリーナ・スミス役として出演します。

ケヴィン・マクナリー

ジャックに従う船員ジョシャミー・ギブス役として出演します。

ジェフリー・ラッシュ

カリブ海の海賊達を纏め上げる大艦隊の長にしてジャックと因縁のある人物ヘクター・バルボッサ役として引き続き出演します。

まとめと感想

「パイレーツ・オブ・カリビアン」ならではのコメディも健在でしたが、ややネタバレになりますが、ジャックが主人公というよりはヘンリーが主人公の色合いが強く親子愛を感じさせる作品となっております。

ジャック役はもちろんバルボッサ役の俳優も今までの作品に引き続き続投され、出演俳優が変わらずに視聴することができます。

「最後の海賊」とタイトルにありますがまだまだこのシリーズは続いていきそうで、私も次回作でカリブ海の海賊達がどのような活躍をするのか楽しみにしています。

まだ視聴されていない方はぜひ今作をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました